土用は18日×年4回

画像






さて、一昨日は土用の丑でした。



読者の皆様は思い思いの「鰻」を



召し上がりましたか?



土用と言うと「土用の丑の日」があまりに
有名な為に年に1度と勘違いされている方
も少なくないようですが・・・



実際の土用は年に4回



二十四節気の「立春」「立夏」「立秋」「立冬」
のそれぞれの季節の終わりと始まりの間に存在
する18日間(正確には18~19日)を「土用」
と考えるため



18日×4 土用は年に72日なんです。



漢方をはじめとする東洋思想の基となる五行論
では「五気」「五季」の関係を以下のよう
に配当しました。



五行の「木」は五気の「風」五季は「春」


五行の「火」は五気の「暑」五季は「夏」


五行の「金」は五気の「燥」五季は「秋」


五行の「水」は五気の「寒」五季は「冬」



そして・・・1つ残ったのが五行の「土」


「土」気を各季節の間に4分割して配当する
事で調整し季節は「春」から突然「夏」になるの
でもなく「秋」も突然に「冬」にはならない・・・


季節の変わり目には、そのいずれでもない
中間の季があると考えたのです。


では何故「土」が選ばれたのか?


その理由は「土」は万物を土に還す作用を
持つのと同時に万物をはぐくみ育てる作用を
持つからだといいます。



「夏」を壊して土に還し、新しい「秋」を生む。



その「土」の気が盛んになる時期は当ブログの
過去記事で何度も取り上げていますが相剋関係にある
「水」の気が弱まります。


「土剋水」


憶えてますか?


「土」「水」を堰き止め、埋め立ててしまう


忘れた方や初めての方は以下の


過去記事 「季節と病」をご参照いただくと分かりやすいと思います。

https://seikaido.seesaa.net/article/200712article_8.html

https://seikaido.seesaa.net/article/200712article_11.html

https://seikaido.seesaa.net/article/200712article_13.html

https://seikaido.seesaa.net/article/200712article_16.html

https://seikaido.seesaa.net/article/200801article_4.html

https://seikaido.seesaa.net/article/200801article_6.html




「土生金」


相生関係においては「土」は万物の気を集め土の中に光り輝く「金」を産む為に自らを消耗します。


この相剋と相生を五臓の関係で見ると堰き止められる「水」とは五臓「腎」


「金」を生むために消耗を強いられる「土」は五臓の「脾」五(六)腑「胃」に相当します。


季節の変わり目である土用には「脾・胃」の養生と「補腎」がとても
大切という訳です。


猛暑日が続くこの週末、冷たいものを飲みすぎて
調子を崩さないように心掛けましょうね。



それでは皆様、良い週末を。









(追記)


余談ですが・・・


今年は土用の丑の日が18日間にもう1回あります。


十二支なので24日から12日後の8月5日です。


次こそ!絶対、鰻!(笑)




(追記2)

土用はその昔、「土旺用事」や「土王用事」と呼ばれ
「土」の気が盛んなこの時期は土の神である「土公神」
に遠慮し土を動かす事を敬遠したとか。

ここでいう土を動かすとは農耕作業等ではなく、造作
を伴う建築や井戸掘りを指すようです。

しかし、それではこれらを仕事とする人達が働けず困
ってしまう!

何と言っても年に72日ですからね。

そこで先人達は「間日」という日を設け、当日は文殊
菩薩の加護により土を動かしても良い事にしたいいます。

ちなみ土用期間中の「間日」は4日に1回。


今時はこれらを気にする方もまずいないと思いますが・・・

いちおう以下に各土用毎の「間日」を記しておきます。


春の土用  巳・午・酉の日

夏の土用  卯・辰・申の日

秋の土用  未・酉・亥の日

冬の土用  寅・卯・巳の日








■漢方講座 過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/6285152e0e.html



■食養生・薬膳の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/e52113f08b.html


■漢方的生き方の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/b9c61a32d6.html




■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com



漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に
関する御問い合わせ、御相談は御電話またはメール
にてお願いします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック