秋は巣房蜜で潤肺する

IMG_7050.jpg




観測史上



10月としての



真夏日記録を更新中の大阪



毎日がホント暑いです。



真夏に比べれば



紫外線の量は減っているとはいえ



屋外での活動が心地良い時期だけに



まだまだ日焼けが気になる人には油断は
大敵ですね。




漢方の基礎となる五行論において




五季「秋」五気「燥」




自然界の一部である人も夏場に汗等で
失った体液の影響から乾燥の影響を受
けやすく



五季「秋」五臓「肺」




直接、外気を取り入れる「肺」を傷め
やすい時期と教えます。




そして五臓「肺」が傷むと直接症状が
現れるのが五官の「鼻」や五体「皮」




春から夏の間に浴びた紫外線等の影響が
お肌に色濃くあらわれる時期



お肌の乾燥が気になる時期に合わせたか
のように知人から変わった”蜂蜜”をいた
だきました。


IMG_7051.jpg



一般的な絞った”蜂蜜”ではなくミツバチ
が巣箱に作った巣房をそのまま味わえる
贅沢な完熟蜂蜜


巣房の表面にミツバチが作った羽で風を
送り水分を飛ばし蓋をした白い蜜ろうに
自然な味を楽しめるというもの。



夏の太陽の下はもちろん



コロナ禍という事もあり



例年以上に



屋外で過ごす事が多かったせいかいどう
の休日



”蜂蜜”「肺」潤す薬効があるだけに



いただいた”巣房蜜”



しっかり「肺」を潤しお肌のケアをした
いと思います。




■ 蜂蜜


”蜂蜜”は体内の「気」「血」「陰」「陽」
の不足を補い体質を増強し、免疫を高める
「補益補気」の食材


五性 「平」


五味 「甘」


帰経 「脾」「肺」「大腸」



薬効は


脾胃虚弱の疲れ、少食、胃痛、腹痛に良い
「補中緩急」


「肺」を潤おして空咳や息切れ皮膚の乾燥
を治す「潤肺止咳」


虚弱者、津虚腸燥便秘に良い「潤腸通便」



変わった薬効としては


トリカブトの中毒に良い「解毒」等の効能
を持ち


アルコールの過飲時はアルコールの解毒!


二日酔い予防、二日酔いにも良いとされて
います。





エビデンスを伴わない
「新型コロナウイルス」
便乗商法には気をつけましょう。




(お知らせ)

Zoom(ズーム)によるビデオ漢方相談

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い
パソコンやスマホで使えるアプリ「Zoom」
によるビデオ漢方相談を始めました。

御希望の方はメール又は御電話で詳細を
御問い合わせくださいませ。





■食養生・薬膳の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/e52113f08b.html


■漢方的生き方の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/b9c61a32d6.html


■漢方講座の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/6285152e0e.html



■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com



漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に
関する御問い合わせ、御相談は御電話またはメール
にてお願いします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック