とろろで補脾養肺する処暑の末候

IMG_2946 (002).jpg



今日2日は



二十四節気 「処暑」末候



七十二候では



「処暑」末候



日本、中国共に




“禾(こくもの)乃(すなわ)ち登(みの)る”




※ 禾=稲や古くは粟をさしたといわれる



穀物が豊かに実る秋の到来を知らせます。




さて、実りの秋を告げる処暑の末候



漢方相談においても夏の疲れを訴える人が増
えている中


写真は漢方相談に忙しかった日の相談の合間


簡単に済ませたコンビニの”とろろ蕎麦”


IMG_2944 (002).jpg


漢方の基礎を形作る五行論において五季「秋」
五色「白」、そして五臓「肺」


薬膳思想においてもは「夏」の間に多くの体液
を失った体には「白」い食べ物で「肺」を潤す
べきと教えます。


「白」い食べ物は五臓「肺」の経絡に入り夏
に汗となってを失われた体液によって乾燥した
肺」
を潤す作用があると考えるからです。



朝夕と空気が涼しくなると


喉や気管支、肺の乾燥が気になるものです。



朝夕が幾分涼しくなった途端、喉が乾燥し
イガイガが気になるというあなた。



今日のランチは”山芋”のとろろ蕎麦やとろろ
の山かけ丼はいかがでしょうか。



■ 山芋


”山芋”は五臓六腑の働きが衰えた状態である
「気虚」に効果がある「補気」の食材。


五性 「平」


五味 「甘」


帰経 「脾」「肺」「腎」


薬効は


脾虚気弱の食少、腹脹、泥状便によい
「補脾止瀉」


肺陰虚の慢性咳、喘息に良い「養肺止咳」


腎気虚の遺精、頻尿、おりものに良い
「補腎縮尿」



※ヤマノイモ科の長芋、山芋、自然薯の外皮
を除き乾燥したものを漢方では「山薬」と呼
び漢方処方の構成薬の1つとして用いられます。




過去記事の漢方昔話”山芋の話”へ


https://seikaido.seesaa.net/article/200903article_11.html


https://seikaido.seesaa.net/article/200903article_12.html




おまけ


■ 蕎麦

体内の「気」の運動である「気機」の巡り
を助け臓腑の働きを調節しストレス等によ
る「気」の滞り「気滞証」や「気逆証」を
改善する「理気」の食材


五性 「涼」


五味 「甘」


帰経 「脾」「胃」「大腸」


薬効は


食欲を回復し整腸作用に良い「開胃寛腸」


胃腸の機能を活性化し老廃物を排除する
「下気消積」


体の余分な熱や毒を分解する「清熱解毒」等




※ エビデンスを伴わない
「新型コロナウイルス」
便乗商法には気をつけましょう。




(お知らせ)

Zoom(ズーム)によるビデオ漢方相談

新型コロナウイルスの感染拡大防止の為
パソコンやスマホで使えるアプリ「Zoom」
によるビデオ漢方相談を御利用いただけます。

御希望の方はメール又は御電話で詳細を
御問い合わせくださいませ。






■食養生・薬膳の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/e52113f08b.html


■漢方的生き方の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/b9c61a32d6.html




■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com



漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に
関する御問い合わせ、御相談は御電話またはメール
にてお願いします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック