半夏生

今日2日は 二十四節気 「夏至」の末候 日本、中国共に 七十二候では 「夏至」の末候を ” 半夏(はんげ)生ず ” 漢方の調剤に使われる生薬の半夏(はんげ =からすびしゃく)が田畑の傍に自生する 頃 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨時期の甘い誘惑

高温多湿な梅雨 小腹が空いたり食後のデザートにと 冷たく甘いアイスクリームや 冷蔵庫で冷えた生クリームがたっぷりの 甘いスイーツは美味しいですよね~ せいかいどうも昨日は立ち寄ったコンビニで 流行りのイタリアスイーツ”マリトッツォ”を 買って帰り美味しくい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その胡瓜 食べる? それとも貼る?

新型コロナ感染拡大による緊急事態宣言から まん延防止等重点措置へ移行した大阪 細かい違いはいろいろあるようですが・・・ やはり市井に暮らす一般人としては大型商業 施設等の土日の営業再開や 条件付きとはいえ飲食店での酒類提供がOK になったという事が大きな違いですね。 とは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワイヤーアートWSをリモート開催。

不要不急の外出の自粛が求められるコロナ禍 の中、必然とおうちで過ごす時間が増え 自宅のプランターで野菜を作ったり、しばら く御無沙汰していた趣味のモノ作りを復活さ せたという話を最近よく聞きます。 聖快堂の姉妹店 「ゆとりを大切に毎日を丁寧に」をテーマ に健康講座や様々なハンドメイド講座…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芒種

明日5日は 二十四節気 「芒種」 古くから田植えに良い時期といわれ ※「芒種」は稲や麦等の芒(のぎ)がある穀物   芒=イネ科植物で花の外側の穎(えい)の先端 にある針状の突起 七十二候では 「芒種」の初候を …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旬のアスパラとニンニクでコロナ予防

知人から青森産の産地直送のアスパラガス をたくさんいただきました。 生産農家から届く産直のアスパラガス!! 単に茹でて 何もつけなくてもフルーツのように甘く とてもジューシー♪ 噛んでも噛んでも口の中に繊維が残るもの とは似て非なるものですね~ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旬の味 ビワの実 実る

写真は 毎日の通勤の途上にある中学校の塀越し 見える”ビワの木” 旬を迎えた”ビワの実”がたわわになって 黄色く色付いて来たのを目にしました。 5月から6月の初夏が旬の”枇杷の実” 新型コロナ禍の中で季節の移り変わり や旬の味を意識しづらい毎日ではあり ます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨に薬念

観測統計史上最も早い梅雨入りとなった 週末の大阪 自然界の一部である人の体においても これからの時期は「水」や「湿」の影響 を受け特に消化器に不調を起こさぬよう 注意が必要となります。 さて、そんな雨の先週末。 新型コロナ感染拡大による緊急事態宣言 下という事もあり …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立夏

連休の最終日だった 昨日5日は 暦の上で「夏」の到来 二十四節気の「立夏」 野山に新緑が色濃く目立つ爽やかな季節です。 本朝七十二候では 「立夏」の初候を ” 蛙始(かわずはじ)め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GWは「風」に注意

新型コロナウイルス感染拡大による 緊急事態宣言が発令された大阪 幸いな事にせいかいどうが休日の早朝、散歩 がてらに出掛ける自宅から近い梅田のカフェ は休業ではなく短縮営業 6時半の開店時間に合わせ伺いましたが・・・ 散歩の途上ではほとんど人と合う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穀雨の次候

週末の明後日 25日は 二十四節気 「穀雨」の次候 本朝七十二候では 「穀雨」の次候を ” 霜止(しもや)みて苗(なえ)出ずる ” 霜も止み、苗代では稲の苗が生長する頃 中国の七十二候では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初夏の足音と初鰹

新型コロナ変異種の感染が拡大し閉塞感が 漂う毎日ですが 半月後には暦の上での夏である二十四節気 の「立夏」も近づき 週間天気予報を見ると今週半ばから大阪の 最高気温も25度超えの「夏日」の日も出 てまいりました。 25度を超える夏日ともなれば仕事帰りに 同僚や友人らと飲む生ビールが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苦手な季節を無くす体作り

新型コロナウイルスの変異種による感染拡大 はさておき 最高気温が20度 最低気温も10度を超えるこの時期は1年を 通しても最も過ごしやすい時期です。 天地の気が巡りだし万物が芽吹く「春」は自 然界の一部である人もまた心と体、軽やかに と行きたいものですが・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歩いて走って「まん防」下のコロナ対策

「まん延防止等重点措置」が適用されている 大阪市内での週末 新型コロナ変異種が怖いからと自宅にずっと 閉じこもってばかりでは心と体がやられてし まいます とはいえ、わざわざ人であふれる繁華街の人 混みへ出かけるのも躊躇われる そこで先週末の土日の二日間は雲一つない晴 天…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まん防より巻貝?

先週、新型コロナ陽性者の数が過去最多を 記録し 今週はじめの月曜日からは 「まん延防止等重点措置」が適用された大阪 メディアではその増え方に 大阪府民も困惑!? 府民の声として何故こんなに感染が増えたの!? と困惑している様子を伝える報道もあります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若竹稲荷に食い入る四つの目

桜の満開も近い春の夜の酒の肴と言えば 旬のやわらかな新たけのこと新わかめを 煮た”若竹煮” せいかいどうの大好物の一品ですが その”若竹煮”を細かく刻んで寿司飯の具 にした春らしい”若竹稲荷”を先日愛犬達 の食い入るような視線を感じながらも心 を鬼にしてお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レザークラフトWS開催しました。

新型コロナウイルス感染症の終息の見通し が立たない中での緊急事態宣言の解除 これ以上の社会経済活動の停滞も許されな い状況になってきているだけに コロナを正しく恐れ感染予防に気を使いな がら、自らは免疫力を落とさない生活を送 り自分の身は自分で守る。 これからが本当のコロナとの共存、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つくし誰の子

写真は先週末 春の陽気に誘われ自宅から近い淀川河川敷 をウォーキングした際に見つけた「つくし」 古くから春は「発陳」 発生し並び立つ姿を表す言葉だそうですが まさに冬の間を地中で過ごした植物や虫達 が地上にその姿を現す頃 地上にその姿を現し並び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どれくらいで治りますか?

日々の漢方相談で患者さんからよくいただく 質問に 「漢方をどれくらい続ければ治りますか?」 「私と同じ症状でよくなった人はいますか?」 があるのですが・・・ 正直なところ、風邪等でもない限り 過去の臨床経験による目安はあるものの時に 答えに窮する事があります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

啓蟄

今日5日は 二十四節気の「啓蟄」 春の訪れに 木々は菰をはずし 寒い冬を土中の穴でじっと越した虫達も 春の訪れに閉じていた土の扉を啓き地上 へと這い出てくる頃。 本朝七十二候では 「啓蟄」の初候を ” 蟄虫(すごもりむし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春寒には陽起草

今年も早や3月となりましたね。 前月は例年以上に暖かい2月だったそう ですが・・・ その分余計に寒の戻りが厳しく感じられ る2月でもありました。 三寒四温を繰り返しながら暖かくなるの がこの時期の特徴とはいえ余寒や春寒に 震える日は寒暖差の大きい日は自律神経 を乱さない為にも体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

余寒春寒を恐れ 明日23日は休業します。

お知らせです。 明日2月23日(祝)は定休日の為、漢方 相談を休ませていただきます。 尚、本日22日(月)15時以降に頂いた お問合せメール等への回答は24日(水) 以降、順次返信させていただきますので御 了承くださいませ。 さて、明日23日は 二十四節気「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨水

今日18日は 空から降る雪は雨となり 降り積もった雪や厚く凍った氷も解けて水となる 草木萌え動き 獺も魚を獲るのに忙しいという 二十四節気の「雨水」 新しい年のはじまり 「立春」から数えて十五…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春は発る

表題の話の前に 週末の東北、関東各県で発生した地震 被災地にお住いの皆様に心よりのお見舞い を申し上げると共に1日も早い日常生活の 復旧をお祈り申し上げます。 さて、先週末の大阪は最高気温が20度を 超え 四月も中旬、GW前のような陽気が2日間 続きました。 今回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more